日々のほとり

社宅転勤妻のたわいもない独り言。秋田県の南の街より。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

台風とセンチメンタル救急車 他界した父のこと


台風、みっつも重なりましたがやっと落ち着いてきた感じでしょうか…
りんご地方は申し訳ないほど今回の台風はなにごともなく…

昔、大学の研究室の必修で和歌山へ
実地調査みたいなものに一週間ほど行ったことがありました
最終日の宿が熊野川沿いの川湯温泉だったかな?
実地調査自体が新宮駅での現地集合で、
最終日は班ごとにその宿に集合するっていう放任っぷりの中
当日、台風が上陸!
それでも無事みんな宿に集合できて、
暴風雨で宿の前が水に浸かりながらも普通に宿泊しました

毎夜宴会だったのですが、
その日の夜、母との電話で悲しいことを聞きました
私が中学の頃保護してきた猫が、亡くなったこと
二日前に亡くなっていたのを言わなかったそうです

私が帰るまで待っていてくれると信じていたけど、
お迎えの方が早かったようです

そんなことがあったのを思い出したりもすれば、
全然違うことを思い出したり

私の班は女3、男1(先輩)っていう構成で、その男の先輩は車で和歌山に来てました
秋田からですよ?
一人でですよ?
まぁそれ自体は研究室的にも全然アリなんですが、
その先輩が「彼女以外は車に乗せない」と決めていまして(彼女に言われてじゃなく、自分で)、
それのせいでせっかくある足を使えず、
私たち3人はバスで宿へ向かいました…
台風で氾濫仕掛けてたのにひどい笑

他の班はみんな最終日はゆるゆるな遊びチックな行動計画を立てていたのに、
その先輩ともう一人の女の先輩がかなり真面目なもんだから
私たちは宿に向かうギリギリまでバカ真面目に新宮市内で調査してて、
それとバスのコンボで宿に着くのがかなり遅くなったという…
それもそれで楽しかったですけどね、
先輩は車の浸水の心配をしてました笑


そんないろいろを懐かしんでいた今日
市役所の通りを運転していたら
救急車が市役所に止まっていました

スピードを落として窓を開けて
救急車に気を配りながら通り過ぎようかというところでちょうど
ウインカーを出して「右へ曲がります」とアナウンスを流し出したので
ほぼ反射的にブレーキを強く踏み込みました

でも多分私止まらずに進んだ方がスムーズだったかもしれないし
むしろ位置的に止まる必要なかったっぽいし
後ろの車がびっくりしたかもしれないし
どうしたらよかったかな~~と考えたんですがよくわからない(*_*)




これまで私の両親がすでに亡くなっていることは何度か触れたことがあったと思いますが、
詳しいことは書いたことはありませんでした


6年経って、
書いておこうかな…という気持ちになったのでこの機会に記しておこうと思います


いまそういうものを見聞きしたくない方は閉じてくださいね~





父との最後の会話は、電話でした
当時、姉の入籍が迫り、それに差し当たり関東へ行く予定でしたのでそれに関係した話だったと思います
その後、また父の番号で着信がありましたが、相手は父ではありませんでした

病院で、同僚の方からで、という時点でいろいろな状況を頭の中で想像したのですが、
伝えられたことはその中の最悪のパターン

とりあえずとにかく急いで来てください、と…

職場で勤務中に頭痛を訴えた父に、
会社の方々が救急車を提案してくださったそうです
断ったらしいですが、
救急車を呼んでいただいて、
自分の足で乗り込んだそうです

母が息を引き取った病院をお願いして、
その病院の目の前の、
最後の交差点の信号が赤になり、
待っている間に意識を失ったそうです
それから約10日後に亡くなりました

だから少しでも、
一秒でも早く病院についてほしいと思うんです
救急車に乗っている人たちの役に立つことは何もできないけど…


しばらくは救急車を見るだけで
涙が止まりませんでした
私の勤務先に行くにはどうしても例の病院が視界に入ってしまい、
会社の往復で毎朝毎晩泣く毎日でした


最終的に、癒してくれるのは時間です
いつまでも泣いていられないですね

「こんなとき、母がいてくれたら…」
「私が赤ちゃんの頃はどうだったんだろう?」
「お母さんに聞きたい」
なんどもそう思うことがあって、
その割に父のことを思い出すことってかなり少なかったりするんですが、
夢に出てくるのは父の方が多かったり、
当たり前だけど父と母あっての私なんですね


あと思うのは、悲しめるだけ恵まれてるのかもしれない、ということ
小学校に上がる前に両親が離婚
それ以来、実の母親と会ったことがない…(夫のことです)
悲しむという行為を与えることもプレゼントなのかもしれないなと思います
(実は深く話したことがないので違うかもしれないけど、
悲しいというより辛いとか憎しみとか怒りという感情に寄ってるのかなぁ…それを無いことにしてる)


このブログはわりとさらりとかけましたが
(一時間半かかったけど)
母とのこととなると相当いろいろないろいろが必要なわけで
最低でもボックスティッシュは必要なわけで

え?
このブログはティッシュ2枚ですけどなにか( ̄▽ ̄)


先日、私の祖母が亡くなったんですが、
少し離れたところでドラマのような不幸がもう一つありました

転勤になり、社宅に入るまでのホテル宿泊の最中だったそうです
新婚で、もうすぐ赤ちゃんが生まれるんだそうです
夫も数日前に、電話のみですがお話をする機会があった方だそうです



どんなに健康な人でも
いつなにがあるかはだれもわからない



考えてもしょうがないこと



せめてわずかでも元気に楽しく


ということで夫に、
ごはん(お米)の量を減らすだけでだいぶ変わるんじゃない?
と改めて提案してみたけど、
見事玉砕したのでした…



なのでまずは私が痩せて、
羨ましくなった夫もダイエットを始める
という構図を思い描いて只今私ダイエット中です( ̄^ ̄)ゞ






でもお酒のお誘い大歓迎ですわよ~おほほほほ←





というか、最近私いろいろ抜けすぎなので、気をつけようと思います




最後まで読んでいただきありがとうございました!
みなさまも、お気をつけて!
ご安全に!(←テレビで見た工場のパクリ)
関連記事

カテゴリー:ほとりごと

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Fumimi

Author:Fumimi
秋田市生まれ、秋田市育ち。
2011.2   入籍
2011.3~  青森県八戸市
2012.5.5  挙式披露宴
2012.7~  同県弘前市
2013.5~6 新婚旅行
2014.1.22  長男誕生
2016.3   転勤に伴い転居(秋田県内)

↓クリックしていただけると励みになります↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 転勤族の主婦へ


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ


↓ネイルブログもやってます↓
つめのほとり

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブログロール

カウンター

検索フォーム

リンクと管理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。