日々のほとり

社宅転勤妻のたわいもない独り言。秋田県の南の街より。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

1歳半健診の別室の続き


さて、「ゆうぎしつ」という名の別室に招かれると優しそうなおばさんが待っていました
のちに保健師さんが「先生」と言っていたので、
暖かい雰囲気がいい意味で先生っぽくなかったけれど先生と記載していきます

ゆうぎしつには小さい車が行ったり来たり滑り台のように落ちていく木のおもちゃと、
ふたのされたおもちゃ箱がありました
ボーイ氏は普通に遊んでいて、
それを見ながら質問を受ける、
というよりは親とゆっくり話をするために
おもちゃが置かれてるような印象も受けました

お話の内容は既に忘れ気味…やっぱり早くまとめておかないとダメですね…
保健師さんと話したこともごっちゃになってるかもです(汗

きちんとした言葉がないので、
自分の意思をどうやって伝えようとするか、
といった質問だったり、ほんとにいろいろと…
ダメだ、完全に忘れきっています…

私と同時に(おそらく)ゆうぎしつに呼ばれた親子がいたので、
もしかして待ってるのかと思い、
どれくらいの尺が用意されているのかわからず、
一つの質問についてどれくらいのボリュームで答えていったらいいのかはじめは探り探りでした
でもたぶん他にも先生がいたみたいで、結局30分弱も話してました
それなのに失念…

先生いわく、ゆうぎしつに来るこどものほとんどが言葉が出ないことが理由だそうです
私は言葉が出ない以外はそんなに問題なこともないし、
そのうち話し出すだろうとはおもっていたものの、
でもここ数ヶ月で「もうすぐ話しそう」という感覚が得られず、
いつもお風呂を上がるときに私が10からカウントするのにあわせて息子もカウントしてくれるのが
すべて「あーぁ」とか「うーぅ」とかその日によって全部同じトーンであったりすることを話しました
舌の動かしかたや話す筋肉の発達がゆっくりなのかもね、とおっしゃってました

一歳半でこの状況で、ことばの教室など考えるのは早いのか、
とうかがうと、療育のパンフレットを出していただいて、説明を受けました
息子ぐらいの月齢なら毎週金曜日に教室(親子間のレクリエーションやリトミックのようなもの)を開催している、ということ
無料で、おやつ代として300円かかる、ということ
私にその気があるのなら、行ってみても、とのことで、
決して先生の方から行かなきゃどうなるとか無理に誘うようなことは全くありませんでした

先生との面談が終わり、
はじめの保健師さんと結果のフィードバックなどがありました
このころにはボーイ氏完全に場に慣れきっていて
遊びたくて遊びたくて仕方なく、
膝に乗っててもらおうにも降りたがって仕方ない状態(汗
保健師さんが「遊んでていいよ」と優しくしてくれたのでさっさと放牧笑
広い会場をあっちにいったりこっちにいったり

ほかの親子(初見)に遊びにちょっかいだしたり歯磨き指導を受けている親子に邪魔しにいったり…それもすべて優しく眺めながら話をすすめてくれる保健師さん…
実は保健師さんのあたりが悪かったらヤダなぁって少し不安だったんですよね笑
1ヶ月訪問のときの保健師さんがアレだったので…
(2時間居座り、自分の娘の話ばかりする保健師さんでした→「乳幼児の『くる病』の増加と子宮破裂による脳性麻痺」)

3ヶ月後に別の担当の保健師から電話で進捗をうかがいますね、と言われ、
「それって1ヶ月訪問の保健師さんと同じだったりしますか?」ときいたところ、
プラスの意味だと勘違いした様子の保健師さんでした…
ごめんなさい、真逆です、とはもちろん言ってません(^^;;
地区ごとに担当が決まってるそうなのですが、時期で変わることもあるとのことなので、変わってるといいなぁ…まぁ電話だけならいいんですけど…

翌日が金曜日だったので、帰宅後早速療養の施設に電話したところ、
残念ながら夏休み期間は変則で、期日も内容も違うそうで…
次は8月に入ってからで、内容も水遊びなんだそうで
それでも行ってみることにしました
きっと水遊び楽しんでくれるでしょう^_^


夫が帰宅してから、ことのあらましを伝えたところ、納得しつつ「焦ることはないと思う」と言われました
「焦っているわけではないけど、どうせ友達いなくて暇だし、支援センターもイベントがあるとき以外はほかの親子も来ないし、同じくらいの子どもと遊ぶことがない
私のママ友もできるかもしれないし無料だし、軽い気持ちでいこうと思う」
というとまた納得してくれました

実際、ベビーくもんやリトミック教室を考えていたので、すごくお得じゃん、と思ったりしてます←
(ベビーくもんは今体験が無料なので体験だけまずやってみたいとおもっています
ベビーくもんとは「お勉強」ではなく歌や読み聞かせで、親子間のやりとりを通しよりよい発達を促すものです)

私、妊娠中から絵本の定期配本を検討したり、図書館で絵本を借りたりはしていたのですが…
実際の読み聞かせは全然うまくいってなくて
とにかくめくりたがる、うばう、かじる食べるで挫折してばかり…
昔の人は絵本の読み聞かせなんてされてなかったよと思いつつ、やっぱり私にも一因があるっておもっています…


はぁ、また長くなってるし!
このあと整形外科にいった話も書こうと思っていましたが、それはまた別記事にします


はー寝よ寝よ
関連記事

カテゴリー:育児(1歳以降)

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Fumimi

Author:Fumimi
秋田市生まれ、秋田市育ち。
2011.2   入籍
2011.3~  青森県八戸市
2012.5.5  挙式披露宴
2012.7~  同県弘前市
2013.5~6 新婚旅行
2014.1.22  長男誕生
2016.3   転勤に伴い転居(秋田県内)

↓クリックしていただけると励みになります↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 転勤族の主婦へ


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ


↓ネイルブログもやってます↓
つめのほとり

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブログロール

カウンター

検索フォーム

リンクと管理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。